親から子へ受け継がれる<遺伝子>は、子どもの才能と直結する?

目の色や髪の毛の色、背の高さや頭の善し悪しに至るまで、すべては<遺伝子>という設計図が決めています。

20世紀以降、遺伝子研究は飛躍的に成長し、生命の設計図である遺伝子を――ヒト遺伝子の全貌をあきらかにすべく世界規模で「ヒトゲノム解析計画」が行われました。

このヒトゲノム解析計画により、私たちの身体はどのような遺伝子構造で出来ているのか、そして親から子へ、どんな情報が遺伝するのかまでわかるようになってしまったのです!

ちなみにこれらの研究成果によって、親から子に以下のような特徴・才能が引き継がれると考えられています。

○親から子へ遺伝するモノ


  • 髪の毛
  • 肌の色
  • 目の色
  • 鼻の高さ
  • 体臭
  • IQ
  • 集中力
  • 数学力
  • 暗記力
  • 足の速さ
  • 跳躍力 など……

身体的な特徴はもちろん、子どもの将来に大きく関わる才能の部分にまで、驚くほど多く親の遺伝子は、子どもに大きな影響を与えてしまいます。

ただ、同じ親から生まれたお子さんだったとしても、兄弟や姉妹でそれぞれ「得意」「不得意」が分かれるように、個々の遺伝子パターンは大きく異なります。

もしも、早い段階でお子さんの得意分野が遺伝子を検査することでわかったとしたら、アナタはどうしますか?

もはやSFではない。最新科学を利用した”最強”の子育て法の決め手となる<遺伝子>

「この子、小さい頃の私にそっくりだ」

「運動オンチなところまで、私に似なくっても……」

自分のお子さんを見て、自分の遺伝子の影響を感じられたことは、誰しも1度ぐらいは必ずあるはずです。

しかし、親がプロ野球選手だったとしても、その子どもがプロ野球選手として活躍するかどうかは別問題であり、必ずしも「親と同じ成果」にならないのが、遺伝子の不思議な部分です。

公務員の両親から生まれたのに、気がつけばロックスターになっていた……というケースも多々あることから遺伝子の世界では「全く異なる道に進み成功する」ということも、決して珍しいことではありません。

つまり、親の遺伝子が子どもに影響を与えてはいるものの、どの遺伝子が、どのような影響を与えているのかは、子どもが成長するまではわからなかったのです、今までは。

しかし、遺伝子に関する研究が進んだことによって、どの遺伝子が、どのような影響を子どもに与えるのか。

そして、どんな才能を生まれつきもっているのかが、分かるようになったのです!

[驚愕!]理系か文系かすら遺伝子でわかる時代に!


理系脳、文系脳と聞くことがありますが、検査の対象となっている遺伝子の中には、お子さんが生まれながらに理系が得意なのか、文系が得意なのかがわかるものもあります。

検査対象遺伝子の中にある、IQを左右するとされるSNAP25遺伝子※1は「G」と「A」の2つのタイプを持ち、IQテストの得点が高い人はG型であるとされています。

たとえば、お子さんのSNAP25遺伝子ペアが「GG」だった場合は、知性や認知の判断処理能力に長けている可能性が高いため、理系が得意になりやすい。

逆に「AA」だった場合は、論理的に物事を考えていくタイプなので、文系が得意になりやすい。

そして「G」と「A」の2つの特性を持つ「GA」だった場合は、理系も文系も得意な可能性が高い。

  • GG……知性や認知の判断処理能力に長けている理系タイプ
  • AA……論理的に物事を考えていく文系タイプ
  • GA……文系も理系も得意なオールマイティータイプ

つまり、能力遺伝子検査を利用すれば小さなお子さんが、将来の就職先で理系を選ぶべきか、文系を選ぶべきかまで、わかってしまうのです!※1 SNAP25遺伝子……図形・記号の処理をつかさどる遺伝子のこと。

能力遺伝子で変わる、子どもの才能を伸ばす”最強の子育て”とは?

遺伝子研究が進んだ結果、「集中力が高い」「記憶力が優れている」「瞬発力がある」などが、遺伝子を検査した結果から、高い精度で分かるようになりました。

もちろん、成長段階における本人の努力やモチベーション、周囲の環境なども子どもの才能に与える影響は大きいのですが、自分のお子さんが生まれつき、どんな能力遺伝子を持ち合わせているのかを知っているのと、知らないのとでは・・・どうでしょうか?

そうです、【子どもの才能を伸ばす】という点で、決定的な差が生まれてしまいます。

たとえば、分析力が優れており、想像力豊かな能力遺伝子を持っているけれど、跳躍力や反発力に関する能力遺伝子がないお子さんに、親が「プロ野球選手になれ!」と、一生懸命小さいうちから運動をさせても・・・

プロ野球選手になれる可能性は、極めて低いとしか言いようがありません。

むしろ、同じ時間をかけて子どもの想像力を刺激するような遊びをしたり、絵画教室に行かせたりした方が、効率よくお子さんの才能を伸ばすことが出来ると思いませんか?

アインシュタインとイチローから見る 能力遺伝子✕教育 の重要性

20世紀最大の物理学者と呼ばれ、特殊相対性理論を生み出した、アインシュタインは物理学者ではあるものの、生涯にわたって簡単な数字や記号を記憶することが苦手だったとされています。

これは彼が物理学の分野に必要な能力遺伝子は持ち合わせていたものの、簡単な数字や記号を記憶する能力遺伝子を持ち合わせなかったからかも知れません。

また世界に有名な野球選手である、イチローも野球の面では優れているものの、かなりこだわりが強いタイプであり、普通のサラリーマンを選んでいたとしたら、きっと今のような世界を熱狂させるほどの活躍はできなかったでしょう。

このように、歴史に名を残すような人々は、本人の努力ももちろんですが、能力遺伝子による影響も大きいところが多くあります。

アインシュタインもイチローも、小さなころからその才能を見出され、その才能に見合った努力をしたからこそ、その分野で成功したのです。

もし、逆にアインシュタインに小さなころから野球をさせたら、イチローに物理学を学ばせたら、2人はそれぞれ成功したでしょうか?

能力遺伝子を考慮せず子育てを行った場合

能力遺伝子を考慮して子育てを行った場合



小さいころから得意分野・苦手分野がわからない

親の希望を押し付けて勉強or運動させられる

得意分野・苦手分野がわからないため結果が出ない

子どものやる気、モチベーションが下がる

才能が開花せず、埋もれたままに!


小さいころから得意分野・苦手分野がわかる

子どもの能力遺伝子に合わせた教育を行う

得意分野が伸びるため、結果が出やすい

子どものやる気、モチベーションが上がる

才能が開花し、子どもの幸せな未来につながる!

[疑問] 能力遺伝子検査はどうやって受けられるの?

自分のお子さんがまだ小さい“今”から、能力遺伝子検査を行い、得意分に集中して教育を施せば、5年後、10年後にはその分野のトッププレイヤーに、アナタのお子さんはなっているかも知れません。

能力検査の結果、運動向きなお子さんだということがわかり、野球をさせてみたら、10年後には甲子園球児になって豪速球を投げるピッチャーになった。

音楽の才能があることが判明し、ピアノのレッスンをやらせてみたら、世界的なコンクールに参加するまでの腕前になった。

絵の才能があることがわかり、漫画を描かせてみたら週刊少年ジャンプに連載を持つようになった――など、能力遺伝子検査を行うことによって、眠っていた才能が開花し、親が想像すらしなかった成功を収める可能性は、決してゼロではありません。

しかし、あくまでそれは“能力遺伝子検査の結果が正しかった”というのが大前提です。

仮に、能力遺伝子検査の結果が間違っていたとしたら……

  • お子さんの”本当”の才能は埋もれたままに・・・
  • 結果が出ないため早くに挫折し、性格が歪んでしまう・・・
  • 親からのプレッシャーに押しつぶされ、卑屈な性格になる・・・
  • 「能力遺伝子が○○だから!」という間違った思い込みのせいで親子関係が壊れる・・・など……

能力遺伝子検査が間違っていたせいで、アナタとアナタのお子さんの人生が狂ってしまう、その可能性はゼロではありません。

事実、遺伝子検査の結果、乳がんになりやすいということが判明して乳がんを予防するために乳房を切除する場合、仮にこの検査が間違っていたら、切除する必要のない乳房を切除したことになります。

このように、遺伝子検査の結果はその人の人生を左右するからこそ、間違いがあってはならないのです!

[海外VS日本]信頼性の高い遺伝子検査・解析はどっち?

能力遺伝子検査は、現在、多くの企業が行っており、金額が安い能力遺伝子検査は、多くは「中国」で行われています。

大手マスコミは「今からは、中国の時代だ!」というようなことを言われていますが、新幹線が故障すれば地面に埋めるし、食品偽装など耳を疑うことも多いのも事実です。

しかも、医学論文の捏造も大量に行っていることが2017年の4月に判明し、ドイツの著名な科学出版社シュプリンガーの「Tumor Biology」は中国の医学論文107件を取り消しました。※2

これらのことを考えると、大切な子供の能力遺伝子検査をするやはり日本国内で行われるものが安心ではないでしょうか?

しかも、遺伝子情報は“究極の個人情報”です。

大切な我が子の究極の個人情報だからこそ、信用のおける日本国内のでの検査がおすすめなのです。

少なくとも、日本では上記のような不正は、ほとんど行われておりませんし、個人の遺伝子情報に関して国が関与することはありません。

もちろん、遺伝子の検査を行う従業員も日本人なので、研究の精度はもちろん、機密保持という面で見ても、海外の検査機関よりも、日本の検査機関の方が優れていることは言うまでもないでしょう。

※2 参考:中国の医学論文に捏造、独誌で大量の取り消し=過去最多の不名誉な記録―中国メディア

だから、選ぶべきは子どもの能力遺伝子検査キット『ジェネティスト』

お子さんの能力遺伝子検査を行う際に、選んで欲しいのは、遺伝子情報を正確に読み取ることが出来るかというポイントです。

現在、多くの能力遺伝子検査で行われている「DNAチップ」「タップマンプローブ法」などの方法は、遺伝子からの情報を間接的なシグナルでしか確認することが出来ないため、検査スピードは速いものの、精度は低いという問題点があります。

しかし、遺伝子から発せられるシグナルを直接確認する『ダイレクトシークエンス』という遺伝子検査法を行う場合は、検査時間こそ長くかかってしまうものの、遺伝子解析正解率99.99%という、非常に高い精度で検査結果を算出することが可能です!

ただ残念なことに、『ダイレクトシークエンス』を行っている会社は非常に少ない……。

でも、ご安心ください。

株式会社DNA FACTORが販売している、子どもの能力遺伝子検査キット『ジェネティスト』は『ダイレクトシークエンス』を行い、アナタのお子さんの遺伝子を正しく検査します。

しかも、能力遺伝子検査キット『ジェネティスト』は日本での遺伝子検査にこだわり日本国内で子ども能力遺伝子検査を行っているため、究極の個人情報が第三者に漏れることは、絶対にありません。

子どもの能力遺伝子検査キット『ジェネティスト』の3つのスゴイ!

  1. 検査結果はドクターがしっかり監修
  2. わかりやすい表現で検査結果を冊子にしてお渡し
  3. 遺伝子=才能ではない、意義のある能力遺伝子解析の提案


日本国内で、情報を守り、検査の精度も高い 子どもの能力遺伝子検査キット『ジェネティスト』は、それだけではありません。

上記の3つの項目をご覧頂いてもわかる通り、検査結果はドクターがしっかり監修し、そのドクターが検査結果が書かれた冊子の中に、遺伝子検査内容をドクターコラムとして掲載するので、能力遺伝子検査の活用の“幅”が広がります。

そして、検査結果を参考にどのように努力させてあげれば子どもが夢中になって努力し、お子さんの才能が1番伸びやすくなるのかを提案するため、能力遺伝子検査を「タダの遺伝子検査」では終わらせません!


確かに他社の能力遺伝子検査に比べれば、検査費用こそ高めではあるものの、小さなお子さんの一生を左右するかも知れない遺伝子検査を『ジェネティスト』を利用することによって、将来に渡って的確に活用することが出来るんです。

子どもの将来を左右する遺伝子を、99.99%の精度で検査し、さらにその情報を元に、ドクター目線での「子育て提案」がある――これらのことを考えたら、決して高い金額ではないことがお分かり頂けることでしょう。

もしも、費用が安い会社に、大切なお子さんの能力遺伝子検査を依頼して、その情報が間違っていたら、どうしますか?

そして、検査してもらった究極の個人情報、遺伝子情報を悪用されたら、どうしますか?

本当に安心、安全で精度の高い能力遺伝子検査をお望みなら、どこを選べば良いのか、今一度どこを利用すべきか考えてみませんか?