新時代の《生活習慣病予防》は遺伝子にアリ。病気のリスク知りたくないですか?

アナタの家族、親族に以下の病気になっている方はいませんか?


  • 高血圧
  • 高脂血症(脂質異常症)
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • がん
  • 肥満
  • 痛風

最近の研究結果によって、生活習慣病は遺伝するということが少しずつ判明しました。

もちろん、本人の努力である程度は生活習慣病を予防することはできます。

しかし、逆に言えばなんの努力もしないままだと、遺伝子が原因で生活習慣病になりえるということなのです。

「親族に生活習慣病になった人がいるから、もしかしたら自分も……」

「がんの家系だから、がんになるかも知れない」

そんな不安を抱えているなら、まずは生活習慣病と遺伝子の関係を知ることからはじめましょう。

生活習慣病は、なぜ遺伝する? 個人の努力では抗えない遺伝子の力

私たちの目の色や皮膚の色、顔の形など、人間のさまざまな特徴を決めているのは人間の設計図である《遺伝子》です。

先祖代々受け継がれてくる遺伝子は自分にはまったく関係がないように思えますが、アナタの想像以上に両親から遺伝している特徴は多いのです。

○両親から遺伝される特徴


  • 肌・目の色
  • 目の大きさ・鼻の高さ・顔の特徴
  • 体臭
  • 髪の毛の量
  • ギャンブル好き
  • 集中力
  • 数学力
  • 文章力
  • 高血圧のなりうやすさ
  • 肥満のしやすさ
  • アルツハイマー

  • がん
  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
  • 不整脈
  • 脂質異常
  • うつ病
  • ADHD
  • アトピー
  • 歯並び
  • 胆石症
  • いびき など……

※必ずしも、すべての特徴が遺伝するわけではありません。

現在、これだけの特徴が両親から遺伝すると考えられています。

すべての遺伝子の特徴がアナタに遺伝しているワケではありませんが、実際のどの遺伝子が自分に遺伝し、自分がどの<生活習慣病キャリア>なのかは、実際に遺伝子検査をしない限りわかりません。

アナタの生活習慣病対策は、30%も無駄だった!?

親が生活習慣病だから、その子どもが100%同じ生活習慣病になるワケではありません。

確かに生活習慣病の原因は<生活習慣の乱れ>が原因です。

  • 加齢
  • 飲酒
  • タバコ
  • 運動不足
  • 偏った食事

上記のような生活習慣の乱れが原因で生活習慣病を招いてしまうのは、多くの方が理解されていることだと思われます。

ただ、残念なことに生活習慣の乱れ――<環境要因>を改善するように努力していても、遺伝的に特定の生活習慣病になりやすい因子を持っていると、努力の有無に関係なく生活習慣病になってしまうことがあるのです。

一説によると生活習慣病になる原因は、環境要因が70%、遺伝要因が30%と考えられており、生活習慣病にならないために最適な努力をしたとしても、30%の割合で生活習慣病になってしまうかもしれなません。

それでは親や親族が生活習慣病の経験があり、自分の遺伝的に生活習慣病になりやすいと言う人は、いくら生活習慣病予防をしても無駄なのでしょうか?

ご安心ください、自分の遺伝子タイプを知って正しく、効率的な生活習慣病予防・ケアを行えば、生活習慣病のリスクを大幅に下げることが可能です!

自分の生活習慣病遺伝子を知る3つのメリット

  1. 自分がなりやすい生活習慣病がわかる
  2. 万が一生活習慣病になった時のお金や保険の準備ができる
  3. 自分の生活習慣病リスクに適したライフスタイルを送ることができる

自分がどんな生活習慣病になりやすいのか、遺伝子検査によって将来自分がなるかもしれない病気を予め知ることが出来ます。

それでは自分の生活習慣病のなりやすさを遺伝子的に知るメリットとは、何なのでしょうか?

それぞれのメリットを具体的にご紹介したいと思います。

[メリットその1]自分がなりやすい生活習慣病がわかる

ひとくちに生活習慣病と言っても、さまざまな生活習慣病がありますし、人それぞれなりやすい生活習慣病が異なります。

生活習慣病のなりやすさは遺伝しますが、親の遺伝子を100%受け継ぐワケではないので、<親がかかった生活習慣病 = 自分がなりやすい生活習慣病>ではありません。

親が肥満体質でも、子どもが肥満になるとは限らないように、親と同じ生活習慣病に、必ず子どもがなるわけではないのです。アナタは、アナタで親とは異なる生活習慣病になる可能性は、0ではありません。

しかし、遺伝子検査を行えば、科学的に99.9%の精度で、自分がどんな生活習慣病になりやすいかが判明します。

[メリットその2]万が一生活習慣病になった時のお金や保険の準備ができる

遺伝子検査を行うことで、糖尿病や動脈硬化のなりやすさを把握することができます。

何も知らない状態で、医療機関を探したり、貯金をしたり、保険を探したりするのと、自分がなりやすい病気を予め知ってから、これらを行うのでは病気予防・病後・金銭的な負担が大きく変わります。

[メリットその3]自分がなりやすい生活習慣予防・改善に効果がある運動・生活習慣がわかる

遺伝子検査によって、自分がなりやすい生活習慣病がわかったら、遺伝子タイプによって異なる生活習慣病予防・改善方法も判明します。

たとえば、遺伝子検査によって糖尿病になりやすい人ならば、糖尿病の原因となりやすい炭水化物の摂取を控える、お酒も日本酒よりはワインにする……というような対策を取りやすくなります。

また肥満になりやすい人の場合は、有酸素運動の方が生活習慣病予防に効果があるから、有酸素運動を心がけるなど、自分の遺伝子を正確に把握することで、自分がなりやすい生活習慣病にならないライフスタイルに、自分の生活習慣を変えることだって出来るのです!

『アルプロン』の遺伝子検査は生活習慣になりにくくする究極のライフスタイル提案だ!

自分がなりやすい生活習慣病を遺伝子レベルで知ることで、アナタは今よりも効率よく、的確に生活習慣病になりにくくすることが出来るでしょう。

しかし、どの遺伝子検査会社でも、同じだとは思わないでください。

格安遺伝子検査会社の遺伝子検査は、価格が安い代わりに、検査精度が低い検査を行っている場合や、検査委託する会社が「中国」の上海に籍をおく会社であることが多く、検査した内容が本当の意味で活用されているのか。

そして、その検査結果が保護されるのか――は誰にもわかりません。

たとえ今、アナタの遺伝子情報が流出しなかったとしても、将来的に中国の遺伝子検査会社から、アナタの遺伝子検査結果や遺伝子情報が流出しない保証は、一切ありません。

『生活習慣病リスク検査』を取り扱っている『アルプロン』の遺伝子検査は、検査精度が高く、また当たり前ですが検査した情報が外に漏れることはありません。

この遺伝子検査は99.9%の精度を誇るダイレクトシークエンス法で検査を行っているため、検査結果が極めて正確です。

また検結果を元に、アナタの遺伝レベルで健康を維持するライフスタイルを提案するのは、医療機関で働く現役ドクターです。

そして、日本国内ですべての検査を行っているため、海外に遺伝子検査を委託する業者と頃なり、情報流出のリスクが極めて低い!

アナタの”究極の個人情報”である遺伝子を正しく知り、正しく活用し、きっちり保護するためにも、遺伝子検査も安心・安全の国内検査を利用してみてはいかがでしょうか?