その美容法、肌遺伝子レベルでアナタに合っていますか?

一人ひとり顔の形や目の色が違うのは当たり前。

それでは肌質も肌の老化具合も、一人ひとりによって違うのに、なぜアナタは他の人と同じスキンケアを行っているのでしょうか?

たとえ、親子であっても肌質は同じとは限りません。

改めて考えると、アナタとアナタのお母さん、自分の姉妹が行っているスキンケア方法って、どれも異なっていませんか?

遺伝子としては似通っているハズの家族ですら、それぞれにあったスキンケア方法が違う――。

その理由は《老化耐久遺伝子》が大きく影響しています。

アナタの未来の肌はどうなっている?遺伝子レベルでわかるアナタの未来

遺伝子は、人間の設計図であり、基本的に変わることはありません。

そして、その遺伝子情報を紐解くことで、「病気」「太りやすさ」がわかりますが、実は「肌の老化の仕方」も遺伝子レベルでわかるのです。

近い遺伝子を持つ親族の女性であっても、その肌質は大きく異なりますし、肌の老化具合も、人それぞれ違いますよね?

遺伝子的には肌の老化には以下のような傾向があることがわかっています。

○遺伝子でわかる肌老化のタイプ


  • しわ/たるみ
  • しみ/黒ずみ/肝斑(かんぱん)
  • アトピー性皮膚炎/肌のバリア機能

自分の肌の未来がわかるとスキンケアが変わる!その理由とは?

遺伝子検査によって、自分の肌が将来的にどんな風になっていくのか、<自分の肌の未来>がわかると、その未来から逆算して最適なスキンケアの方法までもわかるようになります。

人間の身体は常に新しい細胞に入れ替わっていますが、残念ながら細胞の入れ替わりにも限界があるため、身体の老化――特に女性の大敵である肌の老化を完全に防ぐことはできません。

しかし、自分の老化タイプに合わせたスキンケアを行えば、肌の老化を遅らせ、独自の肌ケアを行うよりも遥かに美しい肌の状態を長く保つことが出来ます。

それでは具体的にどういった遺伝子タイプだと、どういう老化が起きるのか、詳しくご紹介して行きましょう。

[しわ・たるみ]……EDEM1、STXBP5L

EDEM1、STXBP5Lという遺伝子型を持っている人は、肌にしわ・たるみが出来やすいタイプだとされています。

このタイプの人が肌のハリに効果があるスキンケアを行えば、歳をとってもしわ・たるみが少ない肌状態を保つことが出来ます。

しかし、逆に美白ケアや乾燥肌対策を行っても、しわやたるみを予防することは出来ないため、歳をとっても肌質こそキレイかもしれませんが、しわ・たるみが気になる肌になってしまう可能性があります。

[しみ・黒ずみ・肝斑]……DACH2、ASIP

DACH2、ASIPという遺伝子型を持っている人は、しみ・黒ずみ・斑斑になりやすいタイプです。

遺伝子的にしみ・黒ずみ・肝斑になりやすいため、紫外線の刺激に弱く、日焼けをすると、長~く肌が日焼けしたままになりやすいという傾向があります。

しかも、このタイプの遺伝子を持っている方は、日焼けして肌が黒くなりやすいだけでなく、日焼けすることでしわが名残りやすくなるので、他のタイプの遺伝子型以上に紫外線対策を行わなければなりません。

もちろん、この遺伝子タイプを持つ方は、しわ・たるみ対策ではなく、美白ケアを行わなければ、いつでも美しい肌を保つことは出来ません。

[アトピー性皮膚炎・肌のバリア機能]……SPINK5、FLG

SPINK5、FLGという遺伝子を持っている人は、日本にありがちなアトピー性皮膚炎を引き起こしやすいタイプと言われています。

これらの遺伝子を持っていることが事前にわかっていれば、敏感肌対策や乾燥肌対策が必要なことがわかります。

しわ・たるみ対策に使えるスキンケア用品としみ・黒ずみ・肝斑対策に使えるスキンケア用品を、このタイプの人が使うと逆効果になってしまう場合もあります。

EDEM1/STXBP5L DACH2/ASIP SPINK5/FLG
しわ なりやすい なりにくい なりにくい
たるみ なりやすい なりにくい なりにくい
日焼け なりにくい なりやすい なりにくい
しみ なりにくい なりやすい なりにくい
黒ずみ なりにくい なりやすい なりにくい
肝斑 なりにくい なりやすい なりにくい
アトピー性皮膚炎 なりにくい なりにくい なりやすい
肌バリア なりにくい なりにくい なりやすい

自分の経験や美容販売員の経験則にたよらない遺伝子レベルのスキンケアを!

自分の遺伝子検査を行うことで、化粧品メーカーによる宣伝や自分の間違った経験則。

あるいは美容販売員の勘などに基づく、<間違ったスキンケア>を防ぐことができます。

先にも紹介したように、自分の肌に合わないスキンケアを実践していると、未来の肌の老化を防ぐことが出来なくなります。

しかし、自分の肌に本当にあったスキンケアを行うことが出来れば、未来の肌の老化を高確率で防ぐことが出来るのです。

○化粧品会社の製品には《合成界面活性剤》が含まれています!


多くの化粧品会社によって、販売されている製品の中には、メイク崩れを防ぐための成分として《合成界面活性剤》が含まれています。

合成界面活性剤を含む、化粧品会社の製品をつくり続けていると、肌のバリア機能を壊し続け、慢性的な乾燥・敏感肌になりやすいと言われています。

この合成界面活性剤を含む製品を、特にSPINK5/FLG型の遺伝子を持つ方が使えば、今まで以上にアトピー性皮膚炎になりやすく、肌バリア機能も低下しやすくなってしまうのです。

しかし、遺伝子検査を行えば、自分の肌を傷つけない化粧品を選ぶことすら出来るようになります。

自分の肌が合成界面活性剤に強いのか、弱いのか、それを知ることが出来るのも遺伝子検査の大きなメリットなんですよ!

究極の個人情報である《遺伝子》の情報を守るためにも、信頼できる遺伝子検査会社を選んでください!

「私も遺伝子検査で、自分の未来の肌のことを知りたい!」ちょっと待ってください!

ネットを探せば、安価で出来る遺伝子検査もありますが、検査結果や究極の個人情報である、アナタの遺伝子情報を守ることを考えると、安価で出来る遺伝子検査は利用しない方が良いかもしれません。

ご存知でしたか?安価で出来る遺伝子検査は精度の低い遺伝子検査を行っており、さらに検査を行う会社は海外――しかも、中国の上海で行われているのが一般的です。

アナタの究極の個人情報である遺伝子の情報だからこそ、より安心・信頼のおける国内企業に依頼したくありませんか?

遺伝子検査の精度、遺伝子情報の保護、この2つのことを考えた時に安心して遺伝子検査を行える会社が、国内企業のアルプロンなのです。

  • 美容皮膚科医と共同開発した”肌”のための遺伝子検査
  • ダイレクトシークエンス法で99.9%の精度で検査が可能
  • 検査結果を元に医療機関のドクターがダイエットをアドバイス
  • 安心の国内遺伝子検査で、遺伝子検査の情報が完全に保護される

アルプロンの皮膚遺伝子検査は、美容皮膚科医と共同開発した、”肌”のための遺伝子検査です。

他の肌遺伝子検査とは、根本から異なります。しかも、検査精度は99.9%。

さらに検査結果を元に、アナタにぴったりのスキンケアを現役の医師がセレクト。

ただ遺伝子検査をするのではなく、遺伝子検査の結果を元に、アナタの肌の未来を守ります。

さぁ、アナタは自分の肌遺伝子を、どの会社に検査して欲しいですか?

格安の遺伝子検査会社ですか?

それとも信頼出来る国内企業ですか?